子供を持つ親は公園に変な大人がいると心配なものですよね。

それに関して、ロサンゼルス市でとんでもない法案が提出されたそうです。

それはロサンゼルスの公園を安全な場所にするために、市議員が提案したもの。

なんとなんと、


「子供を連れていない大人が公園に入ることを禁ずる」


だって!

それにより公園におけるおかしな行為がなくなるだろう、ということだそうですが、どうしてそうなるのか!?

もちろん誰だって公園でのおかしな行為やおかしな人はお断りしたい。

でもこの市議員が提案していることはどう考えても行き過ぎですよね。

この法案が通ってしまったら、公園で大人がベンチに座って本を読んだり、ランチしたり、またはジョギングなどの運動をしたりするのも禁止するってこと?

そんなのあまりに非現実的。

この市議員さんがこういう提案をしたのは、ハリウッドの住民から公園がドラッグディーラー達の溜まり場になっているという苦情が来たからだそうです。

公園がドラッグディーラーの溜まり場だったらそりゃ怖いけど、でもそれは警察のパトロールを増やすなどして市が取り締まりを強化するべきことであって、子供を連れてない大人をすべて禁止しようとするとは。

まるでアラブ人がテロを起こす可能性があるから、アラブ系は全員禁止しようというトランプ的な考えだわ。


ちなみに私の友人は「飛行機とレストランで子供を禁止するなら、公園を大人禁止にしてもいいぞ」と言っておりました(笑)


そういえば以前公園のベンチで一人ランチを食べるキアヌ・リーブスがパパラッチされて、その写真は「Sad Keanu(悲しきキアヌ)」と名付けられ世界中を駆け巡りましたが、

f:id:mariaabe:20161230151147j:plain
(画像:https://www.pinterest.com/pin/187532771955839473/)


これをロサンゼルスでやると違反切符切られるようになるってこと?

ひとりランチの上、罰金まで払わなきゃならないとは、キアヌ様、ますます悲しいって言われちゃう〜〜

(ちなみに私はひとりランチ大好きなのでそれが悲しいとは思いませんが、Sad Keanuと言われていたので)